患者と話している医者と薬のケース
薬を飲む男性

ヘルペスはウイルスによって引き起こされる病気で、発症すると皮膚に水疱や、ただれが生じるという特徴を持っています。ウイルスの種類は複数ありますが、感染の原因となる主なものは、単純ヘルペスウイルスです。このウイルスは、人の体内に当たり前のように存在していて、普段は何も悪さをすることはありません。ですが、何らかのきっかけで抵抗力が弱まったり、外部から多くの細菌が侵入したりすると、活性化することがあります。活性化したウイルスは増殖を始め、神経を通って皮膚の表面上に現れ、皮膚にヘルペスの症状を作り出します。

単純ヘルペスウイルスには、1型(以下1型)と2型(以下2型)の2種類があり、前者は唇の周りや口内、顔などに発症し(口唇ヘルペス)、後者は性器や肛門周辺などに発症します(性器ヘルペス)。

口唇ヘルペスは、体内に潜入していた1型が、ストレスや病気、女性であれば生理前でホルモンバランスが乱れたことをきっかけに増殖することが原因と考えられています。紫外線によるストレスが引き金になることもありますので、発症する原因が身近にある分、普段の生活から気をつけて、発症を予防する必要が出てきます。

ウイルスはもともと体内に潜んでいますが、外部から感染するケースもあります。感染経路は感染者の唾液や、日用品(タオルや食器、箸など)です。ヘルペスの水疱には、無数のウイルスが潜んでいます。患部に触ることでも感染してしまいますので注意しましょう。ウイルスが神経節に潜り込んでいる時は、感染していても症状は現れません。そのため感染していることに気づかず、パートナーにキスをすると、パートナーが感染してしまうことも十分考えられます。

性器ヘルペスの原因は、キスやセックス、オーラルセックスなどです。口の周りにできた水疱を触った手で性器に触れることも、原因になることがあります。1型と同じように2型もタオルや洋式便座など、日常使用するものが感染経路になる可能性も高く、家族の中に感染者がいた場合、他の家族が感染する可能性が高くなります。

ヘルペス感染の原因はウイルスですが、それだけでは発症することはなく、体力の低下や体調が崩れたことが誘引となって引き起こされます。体を清潔にしてウイルスを洗い流すとともに、生活習慣を見直して体調管理を行うことが賢明です。バランスの良い食事や十分な睡眠、ストレスの発散方法など、心身ともに健康になるよう毎日を過ごすことが大切になります。